トイレの水漏れ!見落としやすいのはタンク内のメンテナンス

少し前に、トイレのタンクにペットボトルを入れて、水を節約するというのが流行りました。確かにペットボトルを入れた分だけ、給水管から水が供給されなくなります。中にはペットボトル1個では十分な節約にはならないので、2個3個と入れる方もいました。ところがその反面、洗浄用の水が便器に流れなくなるというリスクもあります。それが原因で、便器が詰まるというトラブルも想定されます。ここではそんなトイレにまつわる水漏れトラブルの中でも、タンクに関係するトラブルについて紹介します。

■トイレの水漏れの中でも、意外と多いタンクのトラブル

近頃では、どこのお家も水洗式のトイレになりました。そのため便器だけでなく、洗浄用の水をストックしておくためのタンクも完備されています。さらにフタを開けると、実に様々な部品で成り立っていることが分かります。この部品のいずれかが作動しないと、便器に水が流れなかったり水が止まらないという水漏れトラブルにまで発展してしまいます。部品がどのような働きをしているのかを予め知っておくことも大切です。また、定期的にお掃除をしながら常に稼働しやすくしておくことも大切です。

■トイレの水漏れに繋がるタンク内の部品について

トイレのタンク内の部品の仕組みを簡単に紹介します。まずは側面にあるレバーを動かすと、レバーに付いているクサリが動きます。クサリが引っ張られて、ゴムフロート式の弁が開くと、水が便器に流れるようになります。水が無くなるとボールタップとか浮き球と呼ばれる部品が下まで下がってきます。それによってボールタップに取り付けられたバルブが開くので、水がタンク内に供給されるようになります。そして水が供給されるとボールタップの浮力で浮き上がり、バルブが締まるようになります。それと同時に、ゴムフロートも水が流れないように弁の役目を果たします。この一連の動作も、部品の汚れや異物などでうまく作動しなくなる可能性があります。トラブルを未然に防ぐために、常日頃から便器だけでなくタンク内の部品のお掃除やメンテナンスもオススメします。

■まとめ
トイレの水漏れで、最も影響の大きいタンクやその中の部品についてご紹介しました。便器や床のお掃除をするのは当たり前です。今回紹介したように、タンク内のお掃除やメンテナンスも水漏れトラブルなどを未然に防ぐためにはとても大切なことです。ぜひとも定期的にお掃除をするよう心掛けましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ