トイレからボタボタと水漏れ!そんな時はどうする?

トイレにあるのは、便器だけではありません。今はどこの家でも水洗式なので、便器だけでなく洗浄用の水を供給する給水管やすぐに水が流せるように水を溜めておくためのタンクなど、実に様々な部品で構成されています。そのためそれらの部品のどれかが故障をしたら、使用できなくなります。おまけにそれらの部品のどこかからボタボタと水漏れが発生しようものなら、それも厄介なトラブルとして挙げることができます。ここではそんな様々なトラブルについて紹介します。

■ボタボタとトイレで発生しやすい水漏れ

近頃の水洗式トイレは、実に様々な部品で構成されています。例えば給水用の配管のつなぎ目や給水タンクとの接続部分は、ボタボタと水漏れが発生しやすいので注意が必要です。また給水タンクに供給する給水管からも、水が漏れるというトラブルが発生する可能性があります。さらには給水タンクから便器に水が供給される際にも、いつまでたっても水が止まらないというトラブルが発生しやすくなります。こうしたトラブルは、経年劣化によるものが主な原因として挙げられます。
例えば給水用の配管であれば、止水栓と配管とのつなぎ目やタンクとのつなぎ目は経年劣化しやすいので注意が必要です。さらには、タンク内にも止水用のバルブに相当するフロート弁が経年劣化しやすかったり、ホコリやゴミが溜まってうまく稼働してくれないといったトラブルも発生しやすくなります。

■ボタボタとトイレで発生しやすい水漏れを防ぐには

まずは止水栓を締めて、水がそれ以上供給されないようにすることが大切です。その後、業者に修理の依頼をします。そうしないと、修理業者がすぐに来てくれるとは限りません。修理業者が遅れるだけ、余分な水道料金を支払う事態にもなります。また自分で修理が可能な箇所は、できるだけ自分で修理をするというのも大切なことです。そうすれば日頃からトイレの便器を掃除するだけでなく、タンクを開けて中の部品を掃除したりするようにもなります。その結果、タンクから水がチョロチョロと流れ出るというトラブルを未然に防ぐことにも繋がります。自分で出来る範囲を見極め、難しい場合は業者に対応してもらいましょう。

■まとめ
水回りの中でも、ボタボタとトイレで発生しやすい水漏れトラブルについて紹介しました。朝起きたら真っ先に使うという方も多いため、トラブルが発生すると大変です。これから仕事に出かけないといけないという朝に、そんなトラブルに巻き込まれると出勤できなくなる可能性もあります。そうならないためにも、日頃からメンテナンスが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ