トイレで発生しやすい水漏れを修理するには?

キッチンや洗面所、トイレなどの水回りは、水漏れトラブルが最も発生しやすい場所でもあります。おまけに突然床が水浸しになれば、慌ててパニックになってしまうかもしれません。そんな時には、まずは止水栓を締めて、水がそれ以上出ないようにすることが大切です。その次に必要なのは、業者に修理を依頼することです。もちろん自分で解決できれば、それに越したことはありません。ここではそんなトラブルについて紹介します。

■トイレの水漏れトラブル!自分で修理するには?

トイレの水漏れトラブルにもいろいろあります。そんな時にまずは、修理業者に連絡をするという方がほとんどです。しかしながら、その前にすべきことがあります。それは、給水管の元栓を止めることです。この元栓を止水栓ともいいます。止水栓を止めないと、いつまでたっても水が漏れ続けます。その次にすべきことは、業者にお願いすることですが、中にはある程度自分で解決するという人もいます。例えば便器やタンクにヒビが入っているという場合であれば、コーキング剤でヒビ割れ個所を直すことで、応急処置ができます。給水管のつなぎ目のバルブがゆるんでいるだけなら、スパナで閉めれば大丈夫です。その他にも、タンク内のホコリや汚れ・異物などでフロート弁がうまく作動していないケースもあります。そんな時もお掃除するだけで、水が漏れないようになり、解決することもあります。

■トイレの水漏れトラブル!自分で修理できないケース

トイレに使われている部品には、給水用の配管やタンク・便器など様々な部品で構成されています。そのため全部自分で修理が可能であるとはいえない部分もあります。とくに給水用の配管のサビが原因で水漏れが発生するのであれば、業者に依頼する必要があります。あるいは、水が漏れるといったトラブルだけではありません。近頃の水洗式の場合、ウォシュレットでお尻を洗ってくれたり温水が出るタイプ、あるいは便座が暖かいタイプまであります。しかしながらそれだけ便利で高機能であれば、トラブルや不具合も起こりやすくなります。電子機器の故障は、自分で解決することはできません。業者にお願いし、修理してもらいましょう。

■まとめ
トイレの水漏れトラブルについて、自分で修理できるケースや業者にお願いしないといけないケースなどを紹介しました。近頃のトイレは、電子制御タイプが多いのでトラブルも起きやすくなっています。いずれの場合でも、まずは水がそれ以上漏れないように止水栓を締めるのが先決です。マンションやアパートの場合は、階下にまで被害が及びやすいので、被害を最小限に抑えることをまずは考えましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ