怠ると大変なトイレの水漏れトラブル

怠ると大変なトイレの水漏れトラブル 住宅の中には、キッチンや洗面所、お風呂など水を扱う場所がたくさんあります。そんな水回りで最も注意しなければならないのは、水漏れトラブルです。中でもトイレで水が漏れるといったトラブルが起きてしまうと、大変になります。特に厄介なのは、便器から洗浄水があふれ出るというトラブルです。万が一発生した場合には、汚水が床に零れ落ちてしまいます。こうなると衛生環境を保つことができなくなるので、早急に洗浄水の漏れを止める必要があります。その他にも、排水管のつなぎ目から水漏れが起きることもあります。さらに給水用のタンクや便器に破損個所があると、そこからも水が漏れ出してしまいます。ここでは、トイレで発生しやすい水漏れトラブルについて紹介します。

■いろいろある水漏れトラブル

トイレの水漏れトラブルで最も厄介なのは、便器から汚水があふれ出るというトラブルです。便器から汚水があふれ出ると床一面が汚水まみれになるので、臭いや汚れが発生することとなり、早急に解決をすることが求められます。
またタンクに水を供給する排水管のつなぎ目やタンクとの接続部分から水が漏れるというトラブルも見られます。
さらにタンクや便器は陶器製なので、ヒビが入ったり破損したりしやすい性質があります。タンクや便器が破損をすると、そこから水が漏れるというトラブルも想定されます。その他にも、タンクに供給する水がいつまでたっても止まらない、タンクから便器に供給される水が止まらないといったトラブルもあります。

■トイレの水漏れの原因とは
トイレには様々な水漏れのトラブルがあります。トイレは給水用の配管や給水用のタンク、便器など様々な部品から構成されています。そのため水が漏れる、部品が故障するといったトラブルが起こりやすくなっています。トラブルが発生した際にはいろいろな原因が考えられます。
例えば汚水が便器からあふれ出るというトラブルですが、このトラブルでは排水管の詰まりが疑われます。排水管は複雑に折れ曲がっているので、水に溶ける性質のあるトイレットペーパーでさえも、一度に大量に流し過ぎると詰まってしまう恐れがあります。
さらに給水用の配管のつなぎ目やタンクとの接続部分が劣化すると、水が漏れる原因となります。給水タンク内には、給水弁や排水弁の役目をする部品があります。こうした部品に青サビやホコリが溜まって、うまく作動しなくなると、水がきちんと止まらないというトラブルが発生します。

■トイレの水漏れを解決するには

トイレで水漏れトラブルが発生した場合には、まずは止水栓を閉めるのが先決です。これは、業者へ修理依頼をする前に真っ先に行う必要があります。そうしないと、いつまでたっても水が漏れ続けます。業者はすぐに修理へ来てくれるところが多くなっていますが、忙しい場合には、2日後や3日後の対応となってしまうこともあります。その間何日も水を出しっぱなしにしていると、水道代がどんどん加算されてしまいます。そのため止水栓を閉めておくことが大切です。
業者に修理を依頼すれば確実に直してくれるので、水が漏れるという悩みから解放されます。自分で修理を試みるのも良いですが、不安な場合は業者へ連絡をした方が良いでしょう。

■まとめ
トイレには様々な役目を果たす設備や部品が備えられています。このような設備や部品では水が漏れる、稼働しないといったトラブルが起こりやすいので注意が必要です。
原因としては排水管の詰まりや部品の劣化、サビやホコリの蓄積が挙げられます。日ごろから細かいところに注目しておき、異変を感じたらすぐに業者へ連絡をしましょう。その時、止水栓を閉めておくと水道代がかさまず安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース